王道大家さん

■駅からの距離が、コンセプトのあるアパートを建てたいと考えた理由です

母名義の駐車場を有効利用するために

 2010年7月入会 Hさん
 1棟2戸 (大田区)

        

母名義の土地ですが、ほとんど入ってなかった駐車場で遊んでいた土地なんですが、何かを建てたいと思っていました。
しかし、駅から11分ですので、やはり、コンセプトのある他と違うものを建てたいなと思っていました。どういうのを建てるのかと考えながらいろいろ調べて半年ぐらい経ったときに王道さんに出会ったんです。

「クズ土地経営術」を読んでから3ヵ月後に入会

最初、大長さんの『サラリーマン大家の「くず土地」アパート経営術』を読み、面白いなあって思いました。
そしてサイトを見て共感して入会しました。構想図を8月くらいから作ってもらって、9月から銀行探しを始めて、11月くらいに私の名義で申し込み話がついたのですが、兄との共有名義にすることになったので名義変更し、再度申し込みし直しました。

話しがまとまった時に震災が起こりました

2月くらいに話がまとまり、ほぼ行きましょうというほとんどいい状態になったときに震災が起きて、こういう時に建てて東北の方が建てるのに資材がなくって困るのではないか、逆に資材不足で工事が遅れたら困るなとか自分の都合を考えたり、1週間ぐらいすごく悩みましたが、
話し合って3月17日に工務店と契約しました。

土地があったことで自己資金を抑えることができました

融資は土地があったんで、割とすんなり通りました。兄とは借り入れも全部半々で、それぞれの名義で家賃からローンを返しています。
ただ、銀行を探すのに時間がかかったり、土地に抵当権が付いていたりしたので最初の段階は多少は苦労しました。頭金は何とか自分のお金をかき集めて、人に誇れる数字ではないですけど、こんな人でも建てられるだと、でも土地があったからですね。

家族には入居者が決まるまで心配されました

兄はアパートにあまり興味がなく、設計が始まっても建築がはじまっても私に任せてくれたので楽しませてもらいました。
王道さんの考えってすごく響く人には響くんですけど、数字だけで考える人にはなかなか分かりにくいと思います。私は王道さんの建物はすごく気に入って、コンセプトとか、躯体とか、それぞれプロの皆さんの真剣な目が入っているので素晴らしいものだと思うんです。
しかし、そういうのを人に伝えるのは難しくて、契約前に兄に王道の方みなさんに会ってもらい、王道プラザの近所の建物を見せやっと納得してもらったんです。
母は私の考えに同意してくれたんですが、亡くなった親父の本家のまん前の土地なんで、建物を建てることにはやはり非常に抵抗があったようでした。それだけではなく、こういう不景気の中で借金を背負ってアパートを建てることには最後まで、お客さんが入るまで心配していました。
家内は、土地が母親の土地だったのであまり口を出せる状況ではなく、意見を聞いても自分の考えとずれることが多かったりで、ご機嫌を損ねない程度に聞いておきました。(笑)

「入居者に喜んでもらえる」そういう喜びを味わいたかったから

私はまだ仕事をしているので、専業大家さんの目からみると甘いとお叱りを受けるかもしれませんが、よりいいものを作って、入居してもらう人に喜んでもらえるという、そういう喜びを味わいたかったんです。
駅から遠いから競争力を上げないといけないというところもあったんですけど、風呂とか外装とかエントランスとかちょっといろいろ贅沢してしまったんです。

アパートでそこまでやらなくていいんじゃないかとご意見も頂いたんですけど。
あとから変更が大変なところは、ちょっとした差ならついつい良い方に行っちゃって、やはり最後は予算オーバーしました。投資としての出口とか考えないでずっと持ち続けて、子供の代・孫の代まで持って、そういう長く愛される建物を作りたいと思ったんで、こだわるところにはこだわりました。このアパートの計画を始めたころ、建築家の戸倉蓉子さんの「家はあなたの人生を作る舞台です。家はあなたを成長させてくれるパートナーです。」という言葉に出会いました。せっかく住んでもらえるんだから、入居者さんにもそう思ってもらいたいと思ったし、王道を選んだ理由でもありました。だから、もっとこうすればよかったというところもなく、120%満足していますし、建物はかわいいですね。

おしゃれなお店もない下町的な場所なので心配していましたが

いい方に入っていただけました。
2戸なんでどうかなと思っていたんですけど、やはりペアの方と、2階の家賃の高い方は女性が一人で入っています。
東京方面に勤めていらっしゃる方で、都内だと狭いから広い部屋でということで選んでいただいたようです。IT関係の結構収入のある方で、
そういう方が続けばいいなと思います。歩いては遠いんですけど羽田空港が近いって、パイロットの方からもお問い合わせがあったようです。

場所自体は結構下町で、周りにおしゃれなお店とか無いんで非常に心配して、若い人にこういうとこに来てもらえるかと思っていましたが、入られた方は都会的な方なんで、それはそれでよかったなあと思っています。入居者がちゃんときれいにしていただけるので、2週間に1遍くらいは見に行くんですけど、掃除らしい掃除はしないんですよね。
今度は土地から探さなくてはいけないんですが、自己資金を蓄えることを優先にして、5年後10年後にもう1棟欲しいですね。

アパート投資を始めるには、諦めないことが大切

やはり諦めないというか、退いた方がいい場合もきっとあるのでしょうけれど、いろんな障害にあっても王道さんの場合は、いろんな方にご相談できいろんな目で見てもらえます。そういった意味でいろんな方の意見を聞くことができるんで諦めないで頑張れる、いいところに巡り会ったなあと思っています。
実際、現物ができると口とか図面とか語っても分からなかったことが、建物の素晴らしさを目で見て実感できますから、家族にも見せると凄いってみんな驚きますね。人に貸すのはもったいなくなっちゃって、自分で住みたくなりました。(笑)