王道大家さん

■お金を追えば逃げるもの人を喜ばせれば集まってくる

本「アパート投資の王道」に背中を押される

 2006年7月入会 小川さん
 1棟9戸 (世田谷区)

        

元来、ナマクラ者なので何十年も前から「寝ていてお金が入る方法はないか」と考えていました。
大学卒業後に証券会社に入社、その後、空調関係の会社に転職し、11年間油にまみれて現場で働きました。35歳で独立し、以来30年以上、会社は黒字経営を続けています。

20代の頃から「金儲けの神様」と呼ばれる邱永漢(きゅうえいかん)先生が好きで、本も全部読んでいます。先生が不動産投資を薦めていたので、「自分もいつか…」と思いつつ、最初の一歩を踏み出せずにいました。

アパート投資をはじめたのは、本「アパート投資の王道」がきっかけです。
私は日頃から、「お金は追えば逃げる。お金を集めるには人様に喜ばれる仕事をすればいい」と思っています。お金一辺倒でなく、「住む人に喜んでもらいたい」と本気で考える姿勢が、私の背中を押してくれました。

「3色のフローリングとキッチン」
2009年12月、桜新町から徒歩5分の場所に、3階建てのRCマンションを建てました。
30m2の1DK×9部屋で、家賃は平均10万5,000円です。部屋ごとに白、ナチュラル、黒とフローリングの種類を変え、キッチンも床にあった色のものを備え付けました。

入居者はオシャレな方ばかりで、自転車置き場にはママチャリがありません(笑)。借主さんには大手の法人さんもいらっしゃいます。

現在、2棟目の土地を探しています。これから不動産投資を始める方には、「決断する勇気が大切」と伝えたいですね。私自身は、勇気を出してよかったと思っています。